KEIJI MIZUTANI OFFICIAL
Everyday Rhythm & Blues

とある巨匠の一日

October 1, 2011

今日は、朝9時からドッグランの掃除会。その後、公園で開催されていた獣医師会主催のイベントを覗くと、無料で入れてくれるというので、愛犬2頭にマイクロチップを装着。これで迷子や震災時にはぐれてもちょっと安心かな。

 

帰宅後はしばし休憩の後、シャワーを浴び、赤坂の紀尾井小ホールでの

長唄演奏会へ。

最寄り駅から田園都市線に乗ったら、車内の広告がすべてピンク一色!

一瞬、女性専用車両に乗ってしまったか!? と思ったが、そうではなく乳ガン予防の早期検診を勧めるキャンペーンの日らしい。

 

 時間ピッタリに紀尾井ホールに着いたが、すでの空席は最前列のみ、と言った状態。お仲間数名と最前列に並ぶ。

日頃は長唄など邦楽系には縁の薄い僕だが、友人で三味線のお師匠さんの日吉小左都ちゃんが出演するこの演奏会「道」は、これで3度目の鑑賞。

特に今回は最前列なので、三味線の細かな指の使い方やフルートとは違う笛の奏法など、見ていても楽しい。ただ、前夜寝不足の時は舟を漕がぬように気をつけなければ・・・・スマン。途中の曲目でちょっと寝た!!!

とはいえ、唄の文句も味わい深い。この会はちゃんと番付(パンフレット)に原詞と解説が書かれているので造詣がなくても楽しめる。最終演目の「喜撰」は生臭な「願人坊主」を主人公に採っているので、くだけていてイキで特に面白かったなぁ。

 

舞台がはねた後は、総勢8名、小左都ちゃんのお弟子さんが家族でやっている店「竹とんぼ」に移動し、かなり早めの時間から打ち上げ。

ここで、登場したのが、魔法のスープなるものとそれをベースにいただく鳥団子のお鍋。大葉の刻みが一面にかかった土佐風鰹のタタキも旨かったが、この鍋は、あっさりした中にコクがあり、いい味でした。

 


 

さて、明日も午後1時半に銀座博品館。今度は、元宝塚男役トップの高汐巴(幼なじみの美子ちゃん)が出演する舞台「首のないマリー・アントワネットのその後」の千秋楽を鑑賞する。

「首のない・・・・?」 ひょっとして猪首の俳優が演じるアントワネットなのかな(笑)。

もちろん、舞台がはねたらまた打ち上げ食事会となる。
 

******************************

 

K-FUNK

♪Don't Shake, Let's Groove♪

 

●期日:2011年11月24日(木)

    18:00 OPEN  Live 19:30 &21:00(入替なし)

●会場 La Donna (原宿ラドンナ)
     渋谷区神宮前4-28-21 ハーモニー原宿B1 電話03-5775-6775
       http://www.la-donna.jp/performance/487.html

●料金 4,000円(前売り)4,500円(当日)

●メンバー
水谷啓二 (Vocal, Sax & Flute)
大高 實 (Trombone)
鎌田一夫 (Tenor Sax)
有坂秀一 (Keyboard)
岩井真一 (Guitar)
六川正彦 (Bass)
石川 浩 (Percussion)
高杉登 (Drums)

 

******************************

Please reload

巨匠カテゴリー
Please reload

アーカイブ
Please reload

  © KEIJI MIZUTANI.  ALL RIGHTS RESERVED  |  Photo: Yukitaka Seki   |   Creative: Steppin Out Studio Tokyo